白糠漁業協同組合 様醤油漬けいくらのラベルおよびパッケージ製作

企画 制作
  • 白糠漁業協同組合 様画像
  • 白糠漁業協同組合 様画像
  • 白糠漁業協同組合 様画像
  • 白糠漁業協同組合 様画像

白糠漁港で水揚げされた秋鮭の魚卵を使用し、昔ながらの手造りで丁寧に仕上げた醤油漬けのいくらであるにも関わらず、
これまでは食品表示のシールが容器に貼られているだけで、その価値を伝えることができていませんでした。
「純粋な北海道白糠産であること」「丁寧に1つひとつ手造りしていること」「売り場で目を引くこと」の3つをポイントにしてデザインを行いました。
色合いはいくらの赤を基調に、「手造り」にはアナログ感を持たせ、「白糠産」にはイラストチックな白糠漁港を配置させ、ラベルもパッケージも統一感のある仕上がりにできました。
元々製造量が限られた貴重ないくらですが、売り場の中ではひと際存在感のある商品に生まれ変わりました。

お客様の声

いくらの醤油漬けは自慢の商品だったのですが、これまではあまりにも色気が無かったので、今回思い切ってラベルとパッケージを新たに製作しました。 見栄えも良くなった事で、より美味しさが伝わるようになったのでは、と思います。