TON×TON事業室

佐藤 彩生

2015年入社/キャリア採用

Question

Q1、今どのような仕事をしていますか?

地域限定型コミュニティTON×TONの管理・運営業務やそれに関わる営業活動のほか、イベントの企画や印刷物のディレクションにデータ制作など、様々な業務に当たっています。取材に出かけたり調査を行ったりと、社内外に関わらずたくさんの方と関わる機会の多い仕事なので、コミュニケーションは特に大切にしています。未経験での入社でしたが、日々の業務をこなしながらできることが増えて行くことがとても楽しいです!

Q2、入社のきっかけや東洋印刷を選んだ理由を教えてください。

出身は十勝管外ですが、十勝に魅力を感じて「この場所で働いてみたい!」という気持ちを持ったのがきっかけです。TON×TON事業室での仕事は、観光地の魅力を発信したり、イベントの運営を通して地域貢献に携わることができたりと、自分が思い描いていた“やりたいこと”とぴったり当てはまっていました。まだまだ知らない十勝の魅力を、これからもっと多くの人たちに伝えることができたらいいなと思っています。

Q3、入社してつらかったことは?

つらかったこと、と聞かれて何かあったかな…?と悩んでしまうほど、本当につらかったことにはまだ出会っていないかもしれません。大変だなと思う仕事と向き合っていても、完成した時の喜びやお客様に言われた「ありがとう!」でリセットされて、また1から頑張ろうという気持ちになります。サポートしてくれる上司や同僚がいることも、そう思える1つの要因かもしれません。

Schedule 1日のスケジュール

8 : 00

出社後、メールと1日のスケジュールをチェック。

8 : 30

朝礼に参加し、業務開始。印刷物のディレクションや原稿執筆。

12 : 00

お昼休憩。たまに同僚とランチにお出かけ。

13 : 00

お客様へ営業訪問。

14 : 00

帰社後は印刷物の校正チェック。お問合せの対応も。

17 : 15

退社 今日も1日お疲れさまでした!

Private 私の休日

Q、休日の過ごし方を教えてください。

ゆっくり自宅で過ごす日もあれば、気分転換にドライブへ出かけることもあります。料理を作ることが好きなので、たまに友達を呼んでワイワイすることも。

Message 就活中のあなたへメッセージ

“何によって憶えられたいか”ドラッカーという経営学者が幼い頃、先生に問われた言葉です。どんな人生を歩みたいか、どんな風に人に憶えられたいか、想像しながら自分自身を見つめて目標を持ってみてくださいね。

佐藤さんってこんな人!

佐藤さんは、もともと持っているスキルがとても多く、イベント等での施工業務からデザイン、営業まで全てをこなすことができます!しかも、まだまだスキルが増えていきそうで、底が見えません。

その上、後輩の面倒見が良く、自部署の後輩以外の若手社員からも頼られる人間性を兼ね備えています。

TON×TON事業室 室長市山 展年
TOPへ